IZAの思い出2

雨、雨、桜

f0302628_2139345.jpg


朝からの雨は北へ向かう2時間の間やむそぶりを見せつつも、思い出したように雨脚を強めては車窓に松の葉のような模様を描いていた。小さな駅に降り立つ人は数えるほどだ。

f0302628_21495028.jpg


憂鬱な花散らしの雨の中を進んでいく自転車、予定より早い時間についてしまった。
誰もいない桜の樹のしたで、立ち止まってみるとやせっぽちの枝垂桜が佇んでいた。
もう私も見ることのない遠い将来、見事な樹となって人々を見下ろしているだろうか。

f0302628_21495686.jpg


夜が明けても重い雲が空を覆い、今日もまた陰気な春の一日なのだろうか、窓辺で見上げていた。
思わせぶりな小さな晴れ間がやがて強い風で押し広げられ青空が現れたのは昼過ぎだっただろうか。
突然の春雷までも加わり目まぐるしい春の一日、桜吹雪の向うで宴の響きがかすかに聞こえた。
急ぎ足で今年の桜を目に焼き付け、母が待つ家へと踵を返した。

f0302628_21392445.jpg

[PR]

# by mari_tensinonamid | 2014-04-04 22:24 | 植物

ちいさなはる

f0302628_1447246.jpg


まだ雪が残る寒い日、白い世界にちいさなはるがほころんでいました。
[PR]

# by mari_tensinonamid | 2014-02-18 14:50 | 植物

さがしもの

f0302628_20244343.jpg

さらさら こなゆき
さがしもの みつからない
きらきら ゆきはひかり
いくつもの あしあと
あるいても あるいても
かれくさが てまねきするだけ
かさかさ かさかさ
おしゃべりは にがてだよ
きらきら たいよう
しろいゆき とかすよ
なくしたもの わすれないで
いつかまだ はるがくる
f0302628_20273396.jpg

[PR]

# by mari_tensinonamid | 2014-02-15 21:35

早春の香り

f0302628_10504122.jpg
あけましておめでとうございます。 一年で最も厳しい寒さを迎える時期、それでもこれから咲く花はやはり早春の花。 人々があわただしく行きかう大晦日、訪れる人も少ないとある場所に蝋梅の上品な香りが漂っていました。低い日差しを浴びて輝く透き通るはなびら。近くの池には氷が張り、晩秋から咲きだした山茶花は色あせて花びらを落としています。枯木立ちには小さな新芽がまだ硬く寒さに身を縮めています。そんな中でも一番に春を呼んでくる蝋梅の花の黄色が暖かな春の予感を告げていました。



[PR]

# by mari_tensinonamid | 2014-01-01 11:13 | 植物

昼さがり ビルの谷間の もみじ狩り

f0302628_11192512.jpg 11月も終わろうというある日、小春日和という言葉がぴったりな暖かな日差しの下で樹々は色づき人々を楽しませていた。昼下がりのオフィス街、あまり楽しいとは言えない目的で都内へ出向いた私でさえ、ビルの谷間でのささやかな紅葉狩りで気持ちは少し上向いていた。
f0302628_11191525.jpg 季節は確実に冬を迎えつつあるというのに暖かな原色の輝き。
f0302628_11192984.jpg季節は目をつぶっていても過ぎていってしまう。都会ではいつの間にか季節が通り過ぎていく。春は桜が咲き、夏になればどこかでひまわりが咲き…、数えきれないほどのすべてのものが一瞬一瞬変化し続けていく。それを見ることなく一年が過ぎていってしまう。
f0302628_11194854.jpg約束の時間がせまり、ビルの14階で気詰まりな時間を過ごす中、窓の外を眺めればさっきまで散策していたその場所が箱庭のようにそこに見えていた。やがてこの風景を思い出すとき、私はこの時感じていたもやもやした気持ちもまた同時に思い出すだろう。

[PR]

# by mari_tensinonamid | 2013-12-02 12:01