IZAの思い出2

晩秋散歩





街をゆきかうひとも厚いコートに身をつつむようになってきました。



12月といえば冬という感覚。



でもまだ紅葉が散らずに残るうちは晩秋と思いたい。





f0302628_15264915.jpg






この葉が落ちて日が当たるようになった地面からは草が伸びていたりします。





f0302628_15264968.jpg






空き地の向こうに見える木々の色づきはまだまだ。このまま散ってしまうかもしれません。





f0302628_15264968.jpg






どんぐりからでたんでしょうか?こんな双葉がいくつかでていました。





f0302628_15264979.jpg






ごちゃごちゃしていますが、きれいないろの葉っぱ。





f0302628_15264981.jpg






木枯らしが吹けばあっというまに枯木立ですね。





f0302628_1526492.jpg








坂上緑道にて。








[PR]

by mari_tensinonamid | 2007-12-06 17:32 | 風景
<< ショーウィンドウで乾杯 枯れ果てた桜の樹によりそって >>