IZAの思い出2

マッケーレブの家







明治40年に立てられた宣教師J・M・マッケーレブが建てた家。







f0302628_162774.jpg










静かな住宅地の中、掃き清められた庭にはブルーベリーがなり、



手入れが行き届いたポーチには整然と並べられたスリッパ。










f0302628_1627771.jpg










午後の早い時間、見学を終えて帰るかたがひとり。









f0302628_1627776.jpg








と、そこへ垣根の辺りを掃除していた方が裏木戸から現れたので



挨拶すると、「初めてですか?ごゆっくりどうぞ。」と快いお返事。










f0302628_1627789.jpg










たくさん窓からちらりと見える室内も興味をそそるけれど、



靴を脱ぐ前にぐるりと回ってみることに。









f0302628_1627790.jpg












あとから訪れた女性ふたりもあまりの居心地のよさにベンチに座ってなにやら世間話などしてのんびりした様子。











f0302628_1627756.jpg








気がつくと窓ばかり撮っていたが、磨きあげられた室内の撮影へと続く。







f0302628_1627745.jpg

































[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-29 20:13 | 建造物
<< ナッシュビルに生まれて たからもの >>