IZAの思い出2

ナッシュビルに生まれて





J・M・マッケーレブは1861年アメリカ・テネシー州ナッシュビルに生まれました。1892年に新婚の妻デラと日本に渡り築地・神田・小石川と伝道活動を展開し、1907年に移り住んだ家がこの雑司が谷に残っています。







一階居間の暖炉





f0302628_1627870.jpg








食堂







f0302628_1627876.jpg








テーブルのこちら側にはオルガンとピアノ







f0302628_1627884.jpg








隅々まで手入れが行き届いた室内









f0302628_162781.jpg








廊下の先に見えているドアの向こうは児童図書コーナー







f0302628_1627832.jpg










2階への主階段









f0302628_1627836.jpg








19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色を有する質素な外国人住宅は



磨きこまれた美しさで訪れるものを穏やかな気持ちにさせてくれます。









f0302628_1627845.jpg












写真は外観・室内ともに15mm、50mmのレンズで撮影(庭の彫刻・あじさいなどは90mm使用)



特に広い屋敷ではないのですが、窓は開け放たれて風が通り、いつまでもいられるような



気持ちのよい家です。その雰囲気をすべて伝えることは難しいですね。












[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-07-03 00:00 | 建造物
<< あづさヰ マッケーレブの家 >>