IZAの思い出2

O渓谷の紅葉

 


f0302628_21255277.jpg


 釣り人がちらほらいるものの静かなとある渓谷。


真っ赤な紅葉とはいかないけれど人が少なく穴場的な場所。


 


f0302628_21255284.jpg


 


名もない滝ながら前日にたっぷり雨が降ったこともあり、樹々にかこまれた背後の急流とともに轟々と音を立てて流れるさまは迫力。作業用の橋の上からなんとか撮影したものの、途中の道は滑落の危険もあるようなところで三脚を使うのはあきらめた。


 


f0302628_21255257.jpg


 


日当たりの違いからかまだ緑色のカエデ類も多い反面、葉を落としている樹々もあり見ごろは???


 


あたりには「カモシカ注意」の立て札や沢に降りられそうなところには注意書きがあり、行方不明になるなどの事故が多いのでひとりで入渓するのは避けてくださいとのこと…確かに落ちたら一巻の終わりという感じのところが結構あったような…。釣り人のために沢までの細い道があるのだが、当然柵などあるわけもなく、岩の上からのアングルを狙ったりすれば落ちて流される危険も…無理しなくてよかった(笑)


 


f0302628_21255297.jpg


 


気持ちのよい晴天なので渓流をあとにして少し足を伸ばすと見晴らしのよい場所にでる。


 


f0302628_21255348.jpg


 


澄んだ空気の中とおくまで見渡せてすがすがしい。


紅葉のほうも淡い色合いながら自然な美しさ。


f0302628_21255396.jpg


 


山間の午後は短く、急速に影に覆われてゆく。


 


f0302628_21255362.jpg


 


このあたりに来ると気温は2度。下界との温度差は10度以上。このあたりでペットボトルのお茶を飲み、その後下山してからまたそのお茶を飲もうとバッグからペットボトルを引っ張り出してみると、アフリカオオコノハズクよろしくボトルが半分くらいに細~~くなっていたのには笑ってしまった。


 


f0302628_21255346.jpg


 


午後3時にはすっかり日陰になったが、立派な紅葉なので電線がはいりつつも一枚。


 


f0302628_21255361.jpg


 


先週末の雨はこの辺では雪に変わっていたようだ。


粉雪をさくさくと踏みしめてみたのはいうまでもない。


今年初めての雪体験。



[PR]

by mari_tensinonamid | 2009-11-05 08:42 | 風景
<< H渓谷の紅葉はこれから 小春日和は雨に向かい >>