IZAの思い出2

カテゴリ:旅の思い出( 35 )


黄昏未満


f0302628_22262238.jpg


f0302628_22262224.jpg


f0302628_22262229.jpg



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-05-17 16:12 | 旅の思い出

ある夜明け


f0302628_22262181.jpg



5月3日長野県内にて。


[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-05-13 20:16 | 旅の思い出

赤城神社は雪の中


f0302628_2226719.jpg


2011年1月9日 赤城山大沼 凍結


f0302628_2226890.jpg


沼へ延びる橋を渡って赤城神社へ。かすかに冬の太陽が光っている。


f0302628_2226841.jpg


橋の向こうの鳥居をくぐればほどなく境内につく。

f0302628_17462065.jpg

岸辺を強い風が吹いてくる。


f0302628_2226820.jpg


ちらちらと降っていた雪がいつの間にか勢いを増してきた。


f0302628_2226826.jpg


山麓は雪の気配もなかったのが嘘のような雪景色。


 


f0302628_2226896.jpg


凍りついた沼の上を白い雪が滑っていく。


f0302628_2226843.jpg



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-01-15 21:01 | 旅の思い出

茜平から太平洋を眼下に臨む


f0302628_2226777.jpg


 

f0302628_2226742.jpg



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-01-08 22:56 | 旅の思い出

太平洋の片隅で日が暮れる


f0302628_2226615.jpg
 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-01-06 19:18 | 旅の思い出

冬の海にカモメと遊ぶ


f0302628_2226586.jpg


海にはカモメがつきもの。波打ち際を縁取るカモメの帯、近づいていくと…


f0302628_222663.jpg


群れは二つに分かれてしまう。


f0302628_2226628.jpg


分かれた群れの片方に近づいていくとまた飛び立っていく。


 


f0302628_2226659.jpg


そんな追いかけっこを繰り返しているとき、ぽつんと離れて波が足を洗うに任せているのが一羽。


f0302628_2226689.jpg


なにを思っているのか、かもめさん…。


f0302628_2226669.jpg


しばらく見ているとようやく気を取り直したか、群れに向かって飛んで行った。


f0302628_2226663.jpg


海辺では当たり前の光景が、旅人にはうれしい。


f0302628_2226692.jpg


鳴き砂の海岸は黙ったまま。


f0302628_2226667.jpg


冬の海にあそんだひととき。


 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-01-05 15:55 | 旅の思い出

クリスマスの朝の二ツ島


f0302628_2226589.jpg
 


f0302628_2226563.jpg


f0302628_2226577.jpg


f0302628_2226523.jpg


f0302628_2226572.jpg


クリスマスの朝の二ツ島


太陽が昇ってくるのを待つ時間が好きだ


何かを待つのは楽しいもの


やってくればすぐに遠のいていくもの


水平線に浮かぶ雲が太陽を目隠ししていた雲は


楽しみをわずかに先延ばししてくれたのだろうか


朝の来るのに逆らっていたような雲たちも


いつの間にかいなくなっていた


 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-01-03 20:50 | 旅の思い出

田んぼに降り立つ白鳥


f0302628_2226456.jpg
 


f0302628_2226413.jpg


f0302628_2226595.jpg


白鳥の越冬する川へ


f0302628_22265100.jpg


↑小競り合いはちょくちょく。


f0302628_2226540.jpg


↑集まって「アウッアウッ」と鳴き出すと


f0302628_2226580.jpg


一斉に中洲へ移動して


f0302628_2226564.jpg


近くには一羽もいなくなってしまいました。


その後一部の集団はぷかぷかと川の流れに身を任せて流れていき


なんだかほほえましい光景でしたが、


鳥インフルエンザ以来どこも飛来数は激減しているようですね。


 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2011-01-02 22:13 | 旅の思い出

SLみなかみと…


f0302628_2225522.jpg


f0302628_22255278.jpg



 


[PR]

by mari_tensinonamid | 2010-10-19 19:06 | 旅の思い出

稲刈りの終わるころ


f0302628_22255217.jpg


2010年9月26日 水上周辺では稲刈りの後天日干しされる袈裟懸けの稲が見事に並んでいました。


f0302628_2225529.jpg


緩やかな棚田といってもいい傾斜地です。見下ろすとそばの花が満開でした。


f0302628_22255212.jpg


かわいらしい真っ赤なりんごのむこうは山が連なるすがすがしい秋の田園風景。


f0302628_22255262.jpg


温泉に入ってのんびりしました。


 



 


[PR]

by mari_tensinonamid | 2010-10-15 19:43 | 旅の思い出