人気ブログランキング |

IZAの思い出2

カテゴリ:植物( 321 )


雨、雨、桜

f0302628_2139345.jpg


朝からの雨は北へ向かう2時間の間やむそぶりを見せつつも、思い出したように雨脚を強めては車窓に松の葉のような模様を描いていた。小さな駅に降り立つ人は数えるほどだ。

f0302628_21495028.jpg


憂鬱な花散らしの雨の中を進んでいく自転車、予定より早い時間についてしまった。
誰もいない桜の樹のしたで、立ち止まってみるとやせっぽちの枝垂桜が佇んでいた。
もう私も見ることのない遠い将来、見事な樹となって人々を見下ろしているだろうか。

f0302628_21495686.jpg


夜が明けても重い雲が空を覆い、今日もまた陰気な春の一日なのだろうか、窓辺で見上げていた。
思わせぶりな小さな晴れ間がやがて強い風で押し広げられ青空が現れたのは昼過ぎだっただろうか。
突然の春雷までも加わり目まぐるしい春の一日、桜吹雪の向うで宴の響きがかすかに聞こえた。
急ぎ足で今年の桜を目に焼き付け、母が待つ家へと踵を返した。

f0302628_21392445.jpg


by mari_tensinonamid | 2014-04-04 22:24 | 植物

ちいさなはる

f0302628_1447246.jpg


まだ雪が残る寒い日、白い世界にちいさなはるがほころんでいました。

by mari_tensinonamid | 2014-02-18 14:50 | 植物

早春の香り

f0302628_10504122.jpg
あけましておめでとうございます。 一年で最も厳しい寒さを迎える時期、それでもこれから咲く花はやはり早春の花。 人々があわただしく行きかう大晦日、訪れる人も少ないとある場所に蝋梅の上品な香りが漂っていました。低い日差しを浴びて輝く透き通るはなびら。近くの池には氷が張り、晩秋から咲きだした山茶花は色あせて花びらを落としています。枯木立ちには小さな新芽がまだ硬く寒さに身を縮めています。そんな中でも一番に春を呼んでくる蝋梅の花の黄色が暖かな春の予感を告げていました。




by mari_tensinonamid | 2014-01-01 11:13 | 植物

無邪気な薔薇

f0302628_2254814.jpg


by mari_tensinonamid | 2013-11-11 22:10 | 植物

タイワンホトトギス

f0302628_20255994.png


まだぽつりと咲き始め




by mari_tensinonamid | 2013-10-15 21:59 | 植物

青空の好きな君へ

f0302628_18262033.png




by mari_tensinonamid | 2013-10-15 20:45 | 植物

すずやかな初夏のいろ


f0302628_22264066.jpg


 


f0302628_22264054.jpg
 


f0302628_2226403.jpg




by mari_tensinonamid | 2012-05-02 16:29 | 植物

NPRの桜並木


f0302628_22263961.png


車窓を通して次々と流れ去っていく景色。それは道を歩いていて目に飛び込んでくるものとは明らかに違い、野原を歩いていく猫のような気分とでもいうのだろうか‥道なき道を行くような新鮮さがあるものだ。それは見慣れた風景が意外な角度で現れたりするというような切り口の代わりかたもあるが、多くはその場所がどこなのか良くわからないままだというなぞを残した感動を伴うことが多い。


f0302628_22264026.png


見知らぬ土地を走り抜けているだけであればなおのこと、美しい景色が目に入っても確かめるために訪れてみるという子はなかなかないものだ。


f0302628_22264043.png


真冬のころにはただ冷たく硬い景色であったところも春の訪れとともに一瞬華やかさに包まれるときがあるものだ。北上する電車にのりまどの外を眺めていると濃いピンク色の桜並木が春の景色の中に予想も無く現れて消えた。そんな秒速の景色が目の間に来ている満足感を何日か後であじわうことがあろうとは!


 




by mari_tensinonamid | 2012-04-29 22:36 | 植物

街はずれの寺院に咲く


f0302628_22263995.png



ふと通りかかった狭い路地の一角で出会った太陽いっぱいの輝きにあふれた八重桜。



f0302628_2226391.png



まだ若いその樹はそれでもたわわにといってもいいほどのたくさんの花びらを抱えて、今日は来ない子供たちを見守っている。



 


f0302628_22263955.png



頼りない細い樹がやがて見事に成長するころにはここに通う子供たちの背も伸びていつか懐かしい想いで見上げることもあるだろう。



 


 



by mari_tensinonamid | 2012-04-29 09:31 | 植物

太山寺から太平山へ


f0302628_22263839.jpg


f0302628_22263836.jpg


f0302628_22263891.jpg
 


f0302628_20214273.jpg


f0302628_22263850.jpg


 


f0302628_20223453.jpg


f0302628_22263863.jpg


f0302628_22263899.jpg


f0302628_22263892.jpg


f0302628_22263826.jpg


f0302628_22263890.jpg




by mari_tensinonamid | 2012-04-26 20:40 | 植物