IZAの思い出2

<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


マッケーレブの家







明治40年に立てられた宣教師J・M・マッケーレブが建てた家。







f0302628_162774.jpg










静かな住宅地の中、掃き清められた庭にはブルーベリーがなり、



手入れが行き届いたポーチには整然と並べられたスリッパ。










f0302628_1627771.jpg










午後の早い時間、見学を終えて帰るかたがひとり。









f0302628_1627776.jpg








と、そこへ垣根の辺りを掃除していた方が裏木戸から現れたので



挨拶すると、「初めてですか?ごゆっくりどうぞ。」と快いお返事。










f0302628_1627789.jpg










たくさん窓からちらりと見える室内も興味をそそるけれど、



靴を脱ぐ前にぐるりと回ってみることに。









f0302628_1627790.jpg












あとから訪れた女性ふたりもあまりの居心地のよさにベンチに座ってなにやら世間話などしてのんびりした様子。











f0302628_1627756.jpg








気がつくと窓ばかり撮っていたが、磨きあげられた室内の撮影へと続く。







f0302628_1627745.jpg

































[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-29 20:13 | 建造物

たからもの









f0302628_1627788.jpg













[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-27 20:53 | 人工物

踊る喜びをフィルムに焼き付けて









一年に一度のフラメンコの発表会をNOBUさんがF60で撮影してくれました。









f0302628_1627624.jpg










曲はアレグリアス(喜びという意味)です。









f0302628_1627610.gif










刺繍がいっぱいのマントン、結構重いです。









f0302628_1627623.jpg








シレンシオ(静寂という意味)というパートではちょっとおすまし。



美しいギターの調べを聴きながら。







f0302628_1627641.jpg








結構足が見えてましたね、という感想もありました(笑)







楽しんで踊ることができ、フィナーレも笑顔で。







f0302628_1627636.jpg
    
f0302628_16276100.jpg








NOBUさん、撮影ありがとうございました。



まさか自分の写真をこんなにたくさん載せるようになるとは思いませんでした(笑)



衝動買いしたオレンジの衣装も好評のようでした。









無事発表会も終わりましたので、また写真もがんがん撮りたいです。


















[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-24 00:15 | 私はフラメンコをやってるの

手紙









f0302628_1627547.jpg













[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-20 15:15 | 指定なし

もしゃもしゃ













f0302628_1627591.jpg










合歓の木ですが、花が終わりかけなのでしょうか、ちりちりっとしていました。



本来はLEDをつかったBARのオブジェみたいにきれいに開いて咲きますね。



(このたとえがわかるかしら?)












[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-19 19:01 | 植物

妙音沢







毎分1tもの水が湧き出ているという妙音沢は埼玉県新座市にあります。







f0302628_1627479.jpg








森に覆われて薄暗い川岸にバジルに似た植物が…。ちょっと食べてみたいような。







f0302628_1627415.jpg










沢の入り口にいたお散歩途中のわんこ。

すぐに行ってしまいましたが、もっと水遊びしたそうでした。










f0302628_1627426.jpg










名水百選にも選ばれている妙音沢流域には3,3ヘクタールの斜面林があります。

森が保全されていればこその環境なのでしょう。



岸を登っていき、見下ろしてみると木漏れ日が水面にまだら模様を作っていました。








f0302628_1627482.jpg








ザリガニでもいるのかなと思ったのですが、水が澄みすぎていると何もいないみたいですね。(調べてみるときれいな水にしかすめないプラナリアという水生生物がいるということでしたが…)ちなみに名水とはいえこの水は飲むのには不適当だそうです。









f0302628_1627466.jpg








以前訪れたかたの記事によると不法投棄のごみの問題もあったようですが、地元の方の努力によって現在は緑地内もきれいになっていたようです。急な斜面を降りていく階段ですが、手すりも新しく設置されたもののようでした。つかまりながら一歩一歩慎重におりていきました。







f0302628_1627462.jpg








梅雨の晴れ間のプチ散策でした。












[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-17 06:00 | 風景

遠い記憶…父へ

あれは長い夏休みも終わろうとする13歳の一日だった。



臥せっている父の姿は日を追うごとに細くなっていた。

自転車で川に転落したのがきっかけとは思えないほど、病床の生活は長くなっており、それが当然であるかのような生活が何年か続いていた。父は休んでいる商売をまた始めるつもりでいたようだが、肉がそぎ落とされて動くことのできない体に回復の兆しはなかった。軽い閉塞感を子供心に覚えながらもあと何年かは同じような毎日がくりかえされるのだろうと、漠然とすごしていたのだが…。



「おとうちゃん、死んじゃったぞ!」



隣人の床屋の主人だ。

死の知らせとはこういうものなのだろうか。母はそのとき父のそばで泣き崩れていたのだろう。私と兄はただ呆然と見つめるしかなかった。父が臥せったままの生活を続けていたとはいえ、死に至る病ではなかったからだ。そして母とも親子ほど年の離れていた父に対して、日ごろか希薄な関係であったからなのか、突然のことがのみこめなかったからか、ふたりとも一滴の涙も流すことはなかった。母にしても悲しみというよりは途方に暮れてのことだったと後で聞かされた。



部屋に残されたままだった骨董品は店を再開するのを待たずに、東京から来た異母兄弟たちがすべて持ち去っていった。あたふたと狭い家で葬儀が行われたあとは位牌もなく、父が育てていた玄関前にずらりと並べて育てていた鉢植えの植物たちもきれいになくなっていた。(その中には私が卒業のときにもらった記念樹の花海棠もあったがとうとう花も見ずじまいになってしまったのだ)



父の死を実感することもなく、その後墓の場所も知らないまますごしてきた。

思えば父が元気なころでさえ、ほとんど言葉を交わした記憶がない。明治生まれの父は遠い存在のようだった。子供のころの記憶といえば、チャボの餌になる草をとりにいったことくらいだろうか。学校に遅刻しそうになると自転車に乗せて送ってくれたものだが、父が最後に自転車に乗って川に落ちたのも、友達の家にいった私を迎えにくるためだった。そのために病気になったと兄にいわれたこともあったのだ。



そうそう骨董屋の競りにつれていってもらったこともあった。

父なりの愛情は言葉に表れることはなく、かすかな記憶の中の幸せの中にひっそりと眠っているようだ。

思えば小さな幸せともいえるそんな記憶だけで、幼いころの思い出が形作られているのかもしれない。



子供のころには聞けなかった父の波乱の人生、そんなことが大人になった今だったら話してもらうことができたのだろうか。

どこかに眠る父の想いは…。



「おとうちゃん、いつかあの世で話をしようね!」

















[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-16 07:43 | 気まぐれ

輪廻











f0302628_1627314.jpg

















[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-15 07:43 | 植物

サンタンカ







f0302628_1627227.jpg










温室にはたいてい咲いているサンタンカ。





咲き始めの様子がいいなとおもったのですが、






ブログでは赤がつぶれてしまいますね…。












[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-12 06:00 | 植物

ふぃっしゅあいってたのしい















f0302628_162721.jpg














f0302628_1627293.jpg















[PR]

by mari_tensinonamid | 2008-06-10 21:39 | 芸能