IZAの思い出2

<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


NPRの桜並木


f0302628_22263961.png


車窓を通して次々と流れ去っていく景色。それは道を歩いていて目に飛び込んでくるものとは明らかに違い、野原を歩いていく猫のような気分とでもいうのだろうか‥道なき道を行くような新鮮さがあるものだ。それは見慣れた風景が意外な角度で現れたりするというような切り口の代わりかたもあるが、多くはその場所がどこなのか良くわからないままだというなぞを残した感動を伴うことが多い。


f0302628_22264026.png


見知らぬ土地を走り抜けているだけであればなおのこと、美しい景色が目に入っても確かめるために訪れてみるという子はなかなかないものだ。


f0302628_22264043.png


真冬のころにはただ冷たく硬い景色であったところも春の訪れとともに一瞬華やかさに包まれるときがあるものだ。北上する電車にのりまどの外を眺めていると濃いピンク色の桜並木が春の景色の中に予想も無く現れて消えた。そんな秒速の景色が目の間に来ている満足感を何日か後であじわうことがあろうとは!


 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-29 22:36 | 植物

街はずれの寺院に咲く


f0302628_22263995.png



ふと通りかかった狭い路地の一角で出会った太陽いっぱいの輝きにあふれた八重桜。



f0302628_2226391.png



まだ若いその樹はそれでもたわわにといってもいいほどのたくさんの花びらを抱えて、今日は来ない子供たちを見守っている。



 


f0302628_22263955.png



頼りない細い樹がやがて見事に成長するころにはここに通う子供たちの背も伸びていつか懐かしい想いで見上げることもあるだろう。



 


 


[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-29 09:31 | 植物

太山寺から太平山へ


f0302628_22263839.jpg


f0302628_22263836.jpg


f0302628_22263891.jpg
 


f0302628_20214273.jpg


f0302628_22263850.jpg


 


f0302628_20223453.jpg


f0302628_22263863.jpg


f0302628_22263899.jpg


f0302628_22263892.jpg


f0302628_22263826.jpg


f0302628_22263890.jpg



[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-26 20:40 | 植物

さくらちるあのはるのひに 


f0302628_22263769.jpg
 


f0302628_2226374.jpg


f0302628_22263746.jpg



遅かった春の訪れも嘘のように季節は走り抜けて早くも初夏の兆しも目に映るきょうこのごろ。あの春の日を思い出しながら今少し桜の絵を…。
[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-24 11:20 | 植物

花曇り

切通をこえて自転車を走らせた。灰色の雲、太陽、どちらもお互いの存在をみないふり、そんなどっちつかずな春の一日はキチガイじみた桜狂想曲の余韻もなく、行き先もわからないままのった電車のように少し不安げに歩んでいる。

誰が見るでもない花曇りの空を背負って高みから見下ろしている一本の桜にはふと立ち止まってみつめあう人間が不可解なものに映り、通りすぎたあとにはもう忘れているだろう。

 


 


f0302628_22263710.jpg


 


[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-20 14:58 | 携帯電話でぱちり

あめのひのまえに


f0302628_22263618.jpg


未明から眠れないまま朝を迎えた金曜日。暗い部屋の中で今日の夜明けの時間は…と携帯電話の画面を見つめていた。まだ歩いたことのないあの道を今日は歩いてみよう。薄手のコートを羽織り家をでるともう空は白みはじめていた。朝靄のなかの人気のない道を南に向かうと思ったより早く渡良瀬川の堤防が見えてくる。子供のころには川辺で遊び、東京へと離れるまで身近にあった渡良瀬川。こんな風に堤防を朝散歩したことなどなかったが、ここには毎朝挨拶を交わす人々がもうちらほらと行きかっている。


太陽はどこから昇るのだろうと足早に歩いているとまだ薄暗い光の中ふと目に入って見知らぬ寺の桜。




f0302628_22263661.jpg

やがて見えてきた太陽は思っていたより北寄りの街ごしからぼんやりとしたオレンジ色の光を放っていた。遠くに見える低い山々の向こうから朝の日差しが顔を出すのはもう日の出からずいぶん経ってからだった。


f0302628_2226362.jpg


枯草色だった堤防は桜の季節とともにいつの間にか緑になり、何の変哲もない緑の草たちも朝露を身にまとって輝く。


f0302628_22263650.jpg


どこまでも続く水玉模様


f0302628_2226364.jpg


斜面に揺れる菜の花の向こうはまだ冬の名残の枯草が対岸の桜などそ知らぬふりで倒れている。


f0302628_22263782.jpg


かつてあった競馬場あとにある、まだ真新しい病院がみえてきた。


ああもうこんなところまで来てしまったのか。


f0302628_22263776.jpg


今日はもう引き返そう。次はいつあるくのか、もうこないのか…。


f0302628_2226375.jpg


夜明けに頼りない桜色をしていた花びらたちも朝の光に華やかさを取り戻した。


f0302628_22263754.jpg


近くでは少年が壁に向かってボールをけっている規則的な音が聞こえてくる。


f0302628_22263733.jpg


春は急ぎ足で満開の桜の上を通り過ぎていく。


f0302628_22263752.jpg


この後には雨の日が来ることを知っているのか…。


花びらはもう地面を敷き詰めだしていた。


[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-17 09:40 | 植物

霞の空に夜が明ける

f0302628_22263636.jpg


 


  渡良瀬川を歩きつつ…


 


 


[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-13 09:21 | 携帯電話でぱちり

きゅうりぐさ


f0302628_22263656.jpg
 



テニスコートの道を自転車で走っていると、ボールを打つ乾いた音が聞こえてくる。風が吹き始め桜の花びらがまう道にふと目を落としてみると、囁くように小さな花をたくさんつけているきゅうりぐさ。花びらというよりは道端の風景にばらまかれた小さな青いビーズのように清楚。



[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-10 19:17 | 植物

しろばなたんぽぽ


f0302628_22263647.jpg


まだソメイヨシノも咲きだしたばかりだった4月6日、みつけた白いタンポポ。


買ったばかりの自転車を走らせていると道の向こうにピンク色をした噴水のような花姿がみえ、


青信号をまってわたっていくとそこに咲いていたのは雪柳だった。


f0302628_22263651.jpg


 


今日数日ぶりに自宅へ戻る途中、見上げるとそこにはつばめ。


汗ばむほどの陽ざしの下でジャケットをぬいでたちどまると


しばらく元気のよい歌を聞かせてくれた。


f0302628_22263629.jpg


春は急に急ぎ足になったように思われるのはまだ桜も三分咲きの街から戻ってきたせいだろうか。


バス停の先で角を曲がると去年と変わらない見事な桜が赤い椿の垣根の上に立ち並んでいた。


f0302628_22263657.jpg
 


春は短い、その短さゆえにもう少し待ってくれないものかと思うことしきり…。


 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-09 15:33 | 植物

はるのあしおと、ぱたぱたぱたぱた


f0302628_222635100.jpg


f0302628_22263561.jpg


f0302628_22263549.jpg
 



[PR]

by mari_tensinonamid | 2012-04-05 12:53 | 植物